ウマけりいいでしよ?

ある晩、外資系コンサルティング会社の男性と合コンをすることになりました。
相手の年齢は30代後半から40代前半。一流企業にお勤めですし、酸いも甘いも知りつく
した大人の男性との合コンに胸をときめかせておりました。
いつも以上に念入りにメイク直しをし、女の勝負靴、クリスチャンールブタンの7セン
チヒール(箱根強羅花壇に一泊できる金額)を履いて、いざ会場へ。
ところが、お店の扉を開けた瞬間、それは期待外れだったとわかりました。
「君はどうせ美味しいところ(高い店)なんて散々行ったでしよ?」
「たまにはこういう店にも行っておいたほうがいいよ」
そう言うなり満足げにワインを飲み干す幹事のA氏。
お店のインテリアは陳腐で、居酒屋のようにワイワイガヤガヤ。それでもせめて料理が
美味しいのなら納得できますが、ファミレスに毛が生えた程度のレベル感。予算の安さだ

けで選んだとバレバレです。その後、お通夜合コンになってしまったのは言うまでもありません。
このように、トーク以前に店選びで損している男性は多いですね。

「食事じゃなくてオレを見ろ」的な猛アピール

今後を左右する大事な食事の場にはある程度イイお店を選ぶのが普通です。
にも関わらず、なぜわざわざ相手がガッカリするような店を選定するのか。要因として
考えられるのは、女性に高価な食事をご馳走してきた他の過去の男たちに埋もれたくない
危機感と、歪んだ自己顕示欲が絡んでいるからだと思います。
「いやいや、俺は単純に店の内装にカネかけたところより、昧にこだわった店が好きな
んだ」。一見まっとうに聞こえる考え方ですが、相手が喜ぶかどうかより、自分のこだわり、
印象を優先したいだけに思えます。

 

そもそも、何のために女性を食事に誘うのですか。
「食事をキッカケに相手と関係性を深めていきたいから」ですよね。
であるならば、お店選びの基準は「自分か行きたい好きな店」ではなく「相手が笑顔に
なってくれるお店」であるべきではないでしょうか。
おそらく、知識としては耳タコだと思います。けれども仲よくしたい相手であればある
ほど、自分の存在を認めてもらうことにばかり意識を奪われます。その結果、食事を通じ
て相手が喜ぶもてなしをする基本原則がすっぽり抜け落ちてしまうのでしょう。
決して、贅を尽くした高い店に連れて行ってほしいわけではありません。
どういうお店を選ぶと危険なのか、いくつか挙げます。

女を喜ばせるには美味しいだけじゃダメなのです。男性とは異なり、全身が性感帯だと
言われる女性は、料理の味だけでなく、視覚や聴覚など、それこそ五感全体で味わってい
るのです。したがって次の方程式が成り立ちます。
【女が喜ぶ店選びの方程式】 美味しい 十 内装・雰囲気・清潔感。
次回、お店を選ぶ際はこの要件を満たしているかどうか、チェックしてください。女性
が「感じる」お店を選べば選ぶほど、ベッドへの距離は近くなります。

 

一線を越える前に行くなら一つ星

「星付きレストランに女性を誘うと、ドタキャン率は途端に低くなる」
残念ですが偽らざる真実です(笑)。
女性のドタキャンには何回も泣かされてきました。

しかしお店のグレードが高いときは決まってドタキャンが出ないの
です。大雨だろうと、台風で電車が遅延していようが、這ってでも来ます。
マごンユランに頼らず、センスで店を選ぶべき」と申し上げました。
安易にお金にものを言わせるのはよくありませんが、コツさえ押さえておけば人間関係
の最初で優位に立つことができるようになります。
まず、「女性はなぜ星付きレストランに弱いのか」、その心理メカニズムを見ていきましよう

他の予定を押しのけてでも行きたい合コンは?

A「今度の金曜日、女性4人と合コンあるんだけど行く?」
B「今度の金曜日、CA(客室乗務員)と合コンあるんだけど行く?」
あなたはどちらに心奪われましたか。おそらく後者ではないでしょうか。
当然ですがCAの中にはきれいでない人もいます。それでも男性はCA合コンのときに
は、秒速で出席の返事をします。その画面を横からのぞき見た同僚が「俺も連れて行け」
と……。男性の人数がエグザイル状態に膨れ上がることも……。

 

なぜ、男性はCA合コンだと鼻息が荒くなるのか?
CAの肩書を持つ女性であれば、知性、容姿などある程度の基準はクリアできているだ
ろうという予想がっくからではないでしょうか。
CAというブランドを選べば一定以上の品質が保証され、「「ズレが少ない」から。そ
こには「損をしたくない」という人の心理が働いているからなのです。
医者、三大商社、テレビ局、代理店メンスとの合コンだと、女性の化粧と香水が2割濃くなるのと同じ現象です。

時間とお金は隕られているので、人は誰と会うべきか、必然的に厳選するようになりま
す。隕られた資源を分配するときの判断基準の一つとなるのが「ブランド」です。
「あなた自身」という魅力で最初からアポイントが取れればそれが理想ですが、そもそも
約束すらしてもらえなかったり、ドタキヤンされたりするリスクがあります。これらの事
情を考慮すると「ブランドの安心・ステータス」「損しない時間を約束」してくれる星付
きレストランであったり、CA合コンは、アポの段階では有利というわけなのです。

 

1回目のデートで三ツ星レストランを選ぶと失敗する2つの理由

 

しかし、三ツ星レストランは一線を越える前の男女にはオススメできません。
三ツ星レストランは、料理の昧は当然のこと、内装、サービスともに最高級の品質です。
「あなた」より、「食事」が主役になってしまう危険性があるからです。
あなたが渾身の口説きセリフを発しても、女性は目の前のお皿に夢中。前の晩から練りに

練った俺アピールや、あなたの仕事の武勇伝など馬耳東風。それこそ女性を「花より団
子」にさせてしまうでしょう。何の会話をしたかより、何を食べたかのほうが記憶に残る
デートに……。何という皮肉でしょうか。
もう一つの悲劇は、最初の段階に相手に多くのメリットを与えすぎてしまうと、あなた
自身の魅力ではなく物質的な部分で相手を引き寄せてしまうからです。
植物に水を与えすぎると根腐れしますよね。健全な人間関係を築くなら、枯れない程度
のさじ加減が大切。相手との関係性が未熟なうちは、ミシュラン三ツ星より一つ星を選ら
ぶほうが正解です。
一つ星レストランの魅力は食事に気を取られすぎず、会話に集中できるという点です。
ブランドメリットを生かしつつ、本番ではしっかり「あなた」の魅力を売り込みましょう。

 

自分より優位に立つ裏ワザ

ミシュラン三ツ星の○○に行くんだったら、ここのフォアグラのパイ包み焼きはそれに
負けない美味しさだよ」
本当はミシュラン三つ星に行ったことがなかったとしても、途端に、あなたならではの
こだわりが光り、ちょっとした専門家っぽくも見えます。安易に情報に踊らされず、自分
の価値基準で語れるのがポイントです。
美味しいお店を(男のお金で)散々食べ歩いて来た女性でさえ、身を乗り出してあなた
の話に耳を傾けるでしょう。

 

会話フレーズのポイント

安易に星付きレストランに行くのはよくないと申し上げましたが、トピックとしては別
です。
ミシュラン店は毎年ガイドブックが出る時期は特にニュース性がありますので、会話ネ

タとして仕入れておきましょう。その上でミシュラン店のような上品な内装、繊細さを持
ち、コスパのいい店を探しておくのです。
ただし、ミシュランのような何かわかりやすいお墨付きがないと怖いですよね。
私は個人的にアメリカNY発のレストランガイド、ザガットサーペイが好きです。
保守的な選定のミシュランに比べて新進気鋭のレストランも数多く掲載されています。
テーマ別のランキングも実用的なので、とても使いやすいです。
最近は食ベログなどグルメ検索サイトでお店を調べる人も多いのではないでしょうか。
しかし合コン、飲み会ならまだしも、本命女性との初デートにインターネットの情報を鵜
呑みにするのは危険です。
必ずリアルなロコミを収集しましょう。大抵、仕事でステータスのある人は「MY星
付きレストラン」を数軒は持っているものです。そういう人に「いくらぐらいの予算で女
性と行けるレストランを探しているんです」と言えば、彼らの懇意にしている店を喜んで
紹介してくれるはずです。
しかも、人からの紹介で行ったお店であれば、スタッフの人とは最初から半ば顔見知り
の状態。ていねいな接客をしてもらえて、一緒に行った相手からも1目置かれるでしょう。

マごンユラン三ツ星は一通り行ったけど、味が王道すぎるよね」
こんな風にサラッと言うことができれば、もうあなたは上級者です。
今まで自分を散々口説いてきた他の男とはちょっと違う……。
あなたへの驚きが尊敬に変わり、やがて淡い気持ちを抱くようになるでしょう。

 

むしろ、今は高級店に行けるだけのお金がなくてもいいんです。
「来期のボーナスがもっと上がるんだよね。そうしたら行ってみたいレストランがあるか
ら君を誘ってもいい?」
ある程度相手との関係性ができた頃に、こんな風に男性から言われたら、私だったらす
ごくキュンとします。母性本能をくすぐられるんですよね。主婦の方々が若いアイドルを
応援するのと似ているかもしれません。
そんなのカッコ悪くて言えない、とためらう部分もあるでしょう。でも最初からスマー
トで完璧な男性は一晩限りのデートだったら刺激的ですが、その先の人生をずっと一緒に
歩んでいこうとは思えません。健気に頑張る彼のことをもっと応援しようと思います。

 

人の心をつかむには、ただお金をかければいいと言うものではないのです。
あなたならではのセンスとポリシーを持ってレストラン選定ができれば高嶺の花の女性
はもちろんのこと、接待され慣れた商談相手をも感激させることができるでしょう