介護から風俗へ流出

介護や看護、賃金の安いサービス業を生業にする一般女性が性風俗に大量流入することになった背景には、貧困問題がある。
この頃から全国的に貧困の指標である相対的貧困率の上昇傾向が続いているのだ。
非正塑雇用の増加や新卒採用の減少などで格差の拡大は進み、フルタイムで働いても普通に生活ができない貧困層が生まれることになった。
相対的貧困率とは、世帯年収の可処分所得(正しくは等価可処分所得)が中央値(平均値を下回る値)の半分に満たない人の割合を表すもので、2009年の厚生労働省の調査では過去最悪の10パーセントとなっている。
女性を中心に非正堪雇用が一般的になりヽ現在ヽ貧困に該当する者はどこにでも存在するっとりわけ単身女性に絞ると召3ニパーセントで3人に1人、シングルマザーは2人に1人が貧困に該当するという。
相対的貧困率の悪化は、介護職の現状に象徴されている。
全国労働組合祀連合(全労連)の調査(2010年)によると、介護労働者の平均年収は非正規雇用も含めて207万円、月に換算すると17万円強である。
所得税や社会保険を引かれたら手取りは14万円台。
過半数どころか大多数が、貧困に近いラインの生活を送っている。
現在の給与水準で介護職員をしながら人並みの生活をしているのは、結婚して世帯が共働きか実家住まいの未婚女性のみである。
圧倒的に性風俗に人材を輩出している介護業界には、それ以外にも理由が揃いすぎている。
実は小さな介護施設を運営しており、数年間介護現場を経験して見えてきた現実である。
介護施設に就職すると、早出、遅出、夜勤と勤務時間が不定期で、休日も不定期なので外の介護以外の友人や知り合いと人間関係を保つのが難しくなる。
閉鎖的な生活環境では、施設の中での職員同士の人間関係が濃くなる。
施設でのケアは常にチームプレイとなるために同僚、上司とは良好な人間関係を培わなければならない。
職場には女性が多い。
介護職に限った話ではないが、女性は基本的によく喋る。
仕事中、休憩中など時間にかかわらず、施設内では様々な情報が交換されている。
このような人間関係が限定された閉塞した環境は、ストレスが溜まりやすい。
会話をするのは高齢者や同僚だけ、仕事と職場の人間関係しかない、生活は貧困レベル。
このままではいけないと不安に襲われる。
そんな時に「実は私……」と風俗経験を語る同僚に出会う。
もともと介護施設は離職率が高く、人材が流動的で、様々な年齢、経歴をもっか女性が集まっている。
水商売や性風俗経験者、現役兼業者、男性経験豊富な者、不倫をしている者などなどが新人として登場することになり、それぞれの情報が施設の職員間で共有されやすいのだ。
多くの介護施設は「笑顔、やりがい、成長、夢など、ポエム的な常套句を1方的に職員たちに叩き込む傾向がある。
洗脳してポジティブな状態を保たせて、なんとか低賃金で働かせようとする施設側の工夫だが、貧困レベルの生活をしている自分より、兼業風俗嬢の方がゆとりがあって幸せそうに見えるのは明らかで、よほど鈍い女性以外はその差を実感することになる。
経済的に困っている様子のない兼業風俗嬢加入職して「実は私……」とカミングアウトするとヽ白い目で見るどころかヽ「私もやりたい」というむ者が現れる。
こうしてまた誰かが性風俗への一歩を踏みだすという連鎖となる。
1対1での会話や肉体を使ったサービスが求められる等、共通項は多く、相手が高齢者全般から男性限定に変わるだけ。
他業種よりも違和感なく性風俗に向かっていけるという面もある。
性風俗店の男性客が求める「明るさ」「コミュニケーション能力の高さ」「気が利く」「優しさ」等々は介護職員に求められる適性と1致する。
介護職員として優秀な女性ほど、性風俗でも活躍できる能力がある可能性が高い。
国家資格である介護福祉士を取得している女性ほど、性風俗に流れて成功しやすいのだ。
しかも普通に生活ができる程度の賃金すら支払えない介護業界には、副業を許容するムードがある。
慢性的な人手不足のうえに、人材は流動的、もともといろんな経歴を持つ人が多いため、副業程度で解雇になることはない。
兼業をする条件が揃いすぎているのである。
このまま介護職員の性風俗への流出が続き、兼業風俗嬢が他の職員より豊かで楽しそうに生活をしていると、さらに人材の流出が進む可能性がある。
優秀な女性ほど風俗嬢としても成功するので、本業だったはずの介護に見切りをつけるからである。
介護職の高い離職率は社会問題になっているが、性風俗への流出は明らかにそれに拍車をかけている。
さらに追い打ちをかけるように、介護保険制度は財政難のため報酬抑制の方向にむかっている。
現在でさえギリギリの生活を強いられているのに、さらに首を絞めようという流れとなっている。
介護職員の収入は3年毎に改定される、介護保険が適用されるサービスを提供した施設に支払われる報酬(介護報酬)が大きな鍵を握っている。
2015年度の介護保険制度改正では要支援の介護保険からの切り離しが検討され、さらに2015年8月から年間年金収入280万円以上の利用者は現行1割の自己負担割合を2割にすることが決まっている。
負担が増せば利用の抑制、そして介護報酬の減少は明らかで、介護職員の性風俗への流出は、今後さらに拍車がかかることは間違いない。
ワーキングプアを次々と生みだしている悲惨な状況でも、介護施設側は「介護は熱い想いを伝えられる素晴らしい仕事、夢がある」などと必死に訴えている。
しかし、介護職は蓋をあければ豊かさの欠片もない貧困女性の巣窟というのが現状だ。
高い志を持って介護の世界に足を踏み入れても経済的、精神的にすぐに追いつめられ、これからは外見スペックが高い女性は性風俗へ、低い女性はそのまま専業介護職員という流れが、1つの定番となるのではないだろうか。

風俗でフェチの細分化

風俗業界はフェチに対して何でもウェルカムだから、ピンポイントに絞ればあ
る程度は、どんなフェチでもそれなりに需要はある。
SMクラブに通うM男たちに多いのは、足の匂いフェチだ。彼らは季節外れの
ブーツや、営杲杲のOLが炎天下で歩き回った、蒸れたパンストなどが大好き。
なかには、その匂いをかいだだけで絶頂に達してしまう者もいるほど。
女王様がパンストやパンティなどを数日間履きっぱなしにした、蒸れ蒸れ汗ク
サの足臭責めで調教された後、持ち帰るのは無料。
ただし、一日履いていてもらうだけで三〇〇〇円、10日履きっぱなしなら三万
円もかかってしまうそう。
そこまで出しても、手に入れたい、匂いを嗅ぎたい願望はすさまじい。
話題をオッパイに戻そう。
巨乳好きは星の数ほどいるだろうが、それとは逆に「貧乳・微乳」にとことん
にだわったAカップ・Bカップ専門店デリヘルというのもある。
女のコのコンプレックスともいうべき、バストの小ささをウリにしたことで、
競合がいないダントツ店になれる「ぺちゃぱい」店。40分一万二〇〇〇円~。

また、実はこのところ、風俗嬢のフェラテクが一段とグレードアップしている
ことに気づいた人はいるだろうか?
「技術が急に向上し始めた背景には、風俗嬢の体験動画が、店のHPや風俗情報
サイト、アダルトグラフ誌の付録DVDなどで、たくさん見られるようになった
ことがあります。
意外にもその現象が風俗嬢のテクニック向上に役立っています。なるほど、他
のコたちは、こんな風に舐めているのかと。今までは他の風俗嬢がどんなプレイ
をしているのか、知らなかったので。やる気のあるコは相当研究してますね」
とは、大のフェラ好き男の告白だ。

ウマけりいいでしよ?

ある晩、外資系コンサルティング会社の男性と合コンをすることになりました。
相手の年齢は30代後半から40代前半。一流企業にお勤めですし、酸いも甘いも知りつく
した大人の男性との合コンに胸をときめかせておりました。
いつも以上に念入りにメイク直しをし、女の勝負靴、クリスチャンールブタンの7セン
チヒール(箱根強羅花壇に一泊できる金額)を履いて、いざ会場へ。
ところが、お店の扉を開けた瞬間、それは期待外れだったとわかりました。
「君はどうせ美味しいところ(高い店)なんて散々行ったでしよ?」
「たまにはこういう店にも行っておいたほうがいいよ」
そう言うなり満足げにワインを飲み干す幹事のA氏。
お店のインテリアは陳腐で、居酒屋のようにワイワイガヤガヤ。それでもせめて料理が
美味しいのなら納得できますが、ファミレスに毛が生えた程度のレベル感。予算の安さだ

けで選んだとバレバレです。その後、お通夜合コンになってしまったのは言うまでもありません。
このように、トーク以前に店選びで損している男性は多いですね。

「食事じゃなくてオレを見ろ」的な猛アピール

今後を左右する大事な食事の場にはある程度イイお店を選ぶのが普通です。
にも関わらず、なぜわざわざ相手がガッカリするような店を選定するのか。要因として
考えられるのは、女性に高価な食事をご馳走してきた他の過去の男たちに埋もれたくない
危機感と、歪んだ自己顕示欲が絡んでいるからだと思います。
「いやいや、俺は単純に店の内装にカネかけたところより、昧にこだわった店が好きな
んだ」。一見まっとうに聞こえる考え方ですが、相手が喜ぶかどうかより、自分のこだわり、
印象を優先したいだけに思えます。

 

そもそも、何のために女性を食事に誘うのですか。
「食事をキッカケに相手と関係性を深めていきたいから」ですよね。
であるならば、お店選びの基準は「自分か行きたい好きな店」ではなく「相手が笑顔に
なってくれるお店」であるべきではないでしょうか。
おそらく、知識としては耳タコだと思います。けれども仲よくしたい相手であればある
ほど、自分の存在を認めてもらうことにばかり意識を奪われます。その結果、食事を通じ
て相手が喜ぶもてなしをする基本原則がすっぽり抜け落ちてしまうのでしょう。
決して、贅を尽くした高い店に連れて行ってほしいわけではありません。
どういうお店を選ぶと危険なのか、いくつか挙げます。

女を喜ばせるには美味しいだけじゃダメなのです。男性とは異なり、全身が性感帯だと
言われる女性は、料理の味だけでなく、視覚や聴覚など、それこそ五感全体で味わってい
るのです。したがって次の方程式が成り立ちます。
【女が喜ぶ店選びの方程式】 美味しい 十 内装・雰囲気・清潔感。
次回、お店を選ぶ際はこの要件を満たしているかどうか、チェックしてください。女性
が「感じる」お店を選べば選ぶほど、ベッドへの距離は近くなります。